資格受験トレーニング

資格受験のためのトレーニングをぴーすけが淡々と綴っていきます

【簿記】2級 CBT −3

雑感ー

簿記2級学習を始めるにあたっての前提として簿記1級取得があった

つまり簿記1級取得への中途過程として簿記2級取得を位置付けたため単に2級合格だけでOKということでなく1級取得のために必要な知識などを習得するための2級学習をする必要があった

そのためにテキストは網羅型を選んだのでありそれは解法テクニックではなく計算力や集計力を上げるためのテクニックと知識を習得する狙いでもあった

確かに工簿の計算量の多さとか商簿総合問題の集計のややこしさとか貧弱な電卓テクニックとかに学習当初は戸惑っていた

ただ愚直に電卓をたたいたりテキストを読み込んだり問題集を解き込んだりしているうちにのろのろながらも徐々に計算力や集計力がついてくる実感があったりしていたので諦観みたいな感情は湧いてこなかった

さらに簿記はガチガチに論理で構築されている制度なので複雑な問題に取り組むということは論理力があれば前進できるということでもあるので決して飽きるということはなかった

簿記は面白いということがよくわかった

【簿記】2級 CBT −2

合格までに使用したマテリアルは次の通りです 

テキスト:「よくわかる簿記シリーズ合格テキスト簿記3級」 

「よくわかる簿記シリーズ合格テキスト日商簿記2級商業簿記」 

「よくわかる簿記シリーズ合格テキスト日商簿記2級工業簿記」 

(いずれもTAC出版) 

いずれも網羅型と言われるテキストですが実は文字数は少なめで説明は表面的です 

なぜそうなるのかを自分なりに考えることをたまに要求するテキストでした 

問題集:「よくわかる簿記シリーズ合格するための本試験問題集日商簿記3級」 

「よくわかる簿記シリーズ合格するための本試験問題集日商簿記2級」 

質量ともに必要十分過ぎる問題集でした 

というよりもかなりオーバースペックで本試験で90点以上を目指すための問題集のような気がしました  

「究極の仕訳集日商簿記2級」 隙間時間活用のために購入しました なくてもいいマテリアルでした 

(いずれもTAC出版) 

動画:youtubeふくしままさゆきさんの簿記検定講座(3級すべて 2級工業簿記すべて 2級商業簿記一部)

かなりわかりやすくてコンパクトにまとまった動画でした 

このシリーズを視聴すれば費用をかけて通信講座を受講する必要はないような気がしました  

マスターする論点が多い1級学習のためにはTACのよくわかる簿記シリーズのマテリアルではなかなか前に進めないかもしれないのでネットスクールのマテリアルを使うことにしました

【簿記】2級 CBT −1

3級飛ばしていきなり2級受験で合格しました 

意外と基本的な問題ばかりで少し拍子抜けでした 

sm情報だとCBTでは全く時間が足りないとか60分で終了できるレベルとか情報錯綜していたのですが目一杯時間を使い2周させることができました(1周目60分 2周目30分というイメージ)

過去問トレーニングはTACのものでしたのですが遥かにオーバースペックでした 

ただほぼほぼ同じ過去問が2問出たのは驚きでした CBTは過去問を使い回すんですね 

大問1は基礎的仕訳 

大問2はS/S(基礎的過去問レベル) 

大問3は基礎的総合問題(P/L) 

大問4(1)は基礎的仕訳(内容ド忘れ) 

大問4(2)は単純個別原価計算仕掛品勘定科目(基礎的過去問レベル) 

大問5は直接原価計算CVP分析(基礎的問題) 

新論点ではリース取引は大問1 

連結と外貨換算と税効果会計とソフトウェアは大問3 

そんなに計算量も集計量も多くなく電卓をたたく頻度は低くて実際周りからも電卓たたく音はそれほどありませんでした 

TAC過去問集の後半3、4回分のあの集計量を時間内におさめることは自分の実力では不可能でありあれらと同等の問題がCBTで出たら問題に書き込みできないのでどうしたものかとビビっていたのですが幸いでした 

次の6月1級合格目指すことにしました